宮嵜 祥子

繊維造形作家として活動を始め10年以上、ようやく自分がやりたいスタイルを見つけた様な気がします。糸は柔らかく、人の心を優しく包み込んでくれる優しい素材です。その一本の糸から広がる、枠のない世界をどんどん広げていきたいです。
1997 名古屋造形芸術短期大学 染織コース卒業
1998年 豊田市美術館ギャラリーでの グループ展「NEWCOMERS」
を始め、2015.04 一宮市三岸節子記念美術館「かぜがふくとき」まで数々の作品を出展。

footer